グラスフェッドバターの健康効果3つ!体に悪い理由やコーヒーの作り方

グラスフェッドバターと普通のバターとは何が違うの?

健康に良いとか、体に悪いとか聞くけど実際どうなの?

と気になっている方はいませんか?
バターコーヒーダイエットで話題になったグラスフェッドバター。

ダイエット効果だけでなく健康にも効果的と注目されましたが、実際どういった効果があるのでしょうか。

グラスフェッドバターとは牧草で育てられた牛の乳で作られたバターのこと!

牧草で育てられているため通常のバターより栄養価が高く、生活習慣病予防、肥満防止、老化防止に効果的とされています。

バターコーヒーはもちろん、毎日の料理やお菓子作りで使うバターをグラスフェッドバターに変えるだけで健康的になれるのです。

今回はグラスフェッドバターによる健康効果3つと体に悪いとされる注意点、バターコーヒーの効果や作り方について紹介します。

もくじ

グラスフェッドバターは健康に効果的!栄養素3つを紹介

通常のバターは穀物を食べて育った牛の乳から作られるのに対し、グラスフェッドバターは牧草のみを食べて育った牛の乳から作られるバターです。

広い牧場でのびのびと育った牛から作るグラスフェッドバターは、健康に効果的な栄養が豊富に含まれ、あっさりとした上品でくせのない味が特徴。

バターコーヒーで人気となったグラスフェッドバターですが、そのくせのないあっさりとした味は料理だけでなくお菓子にも使いやすいです。

美味しく、さらに健康に効果的なグラスフェッドバターでダイエット効果も期待できるのですから人気が出るのも頷けますよね。

健康に効果的な栄養素が豊富に含まれているグラスフェッドバター。何が健康に効果的なのか、代表的な栄養素を3つご紹介します。

  • 不飽和脂肪酸で生活習慣病予防!
  • 共役リノール酸でダイエット・肥満防止効果!
  • カロテンで老化防止!

不飽和脂肪酸で生活習慣病予防!

普通のバターには飽和脂肪酸が多く含まれます。
この飽和脂肪酸は血中のコレステロール値を上げる働きがあります。

対してグラスフェッドバターは不飽和脂肪酸である共役リノール酸やオメガ3が多く含まれています。

不飽和脂肪酸は血圧や血中のコレステロールを下げたり血流をよくしたりと生活習慣病の予防に効果的で、体を健康に保つために必要な脂質です。

体内では産生できず食事から摂取することが重要となっています。

植物や魚の脂に多く含まれるものですが、その不飽和脂肪酸がグラスフェッドバターにも多く含まれているということです。

普段の食事やスイーツ作りで、普通のバターからグラスフェッドバターに変えるだけでより健康的になります。

共役リノール酸でダイエット・肥満防止効果!

不飽和脂肪酸の一種である共役リノール酸は、脂肪燃焼効果と余分な脂肪の蓄積を防ぐ効果があるとされています

バターコーヒーでのダイエットが流行ったのも、この効果を期待してのことではないでしょうか。

リノール酸は植物に多く含まれる油分のため、牧草のみを食べて育った牛から作られたグラスフェッドバターには豊富に含まれています。

また血流をよくする効果も期待できるので、動脈硬化の予防にもつながります。

健康的にダイエット、肥満予防をする際にグラスフェッドバターは欠かせませんね。

カロテンで老化防止!

カロテンは体内でビタミンAに変換され皮膚や粘膜の健康を維持するほか、抗酸化作用として動脈硬化や老化の予防に効果があるとされています。

ビタミンAは視力を正常に保ち、粘膜の健康を維持することで病原体やウイルスから体を守る働きがあります。

皮膚の健康維持にも関わっており、皮膚の新陳代謝を高めることで美肌を保つ効果も期待されます。

また抗酸化作用として紫外線によるダメージから肌を守り、肌の老化を防ぐ効果も期待されているのです。

緑黄色野菜に多く含まれるカロテンは牧草を食べて育つ牛から作られたグラフェッドバターにも多く含まれています。

普通のバターに比べグラフェッドバターが黄色っぽいのは、カロテンが含まれているからといわれています。

グラスフェッドバターが体に悪いは間違い!注意点は2つ

グラスフェッドバターが体に悪いという噂があるのはご存知でしょうか。

バターだからなんとなく体に悪そう

というイメージもあるでしょう。

グラスフェッドバターが体に悪いという噂は「バターは体に悪い」という思い込みが一つの原因といわれています。

ですが、良質な油を取ることは健康を維持することにつながります。

豊富な栄養素を含むグラスフェッドバターは良質な油と言えるでしょう。

バターコーヒーダイエットで減量に成功したという声が多くあることが証拠と言えます。

しかし、バターですから食べ過ぎは良くありません。なぜ良くないのか、またグラスフェッドバターの注意点を紹介します。

  1. 食べ過ぎは血中のコレステロールを上げる
  2. グラスフェッドバターはそのほとんどが輸入品

【注意点①】食べ過ぎは血中のコレテロールを上げる

グラスフェッドバターには不飽和脂肪酸が多く含まれていますが、飽和脂肪酸も含まれています。

過剰に摂りすぎてしまうと血中コレステロールが上がり、肥満につながります。

グラスフェッドバターは良質な油といっても脂質であることに変わりはありません。

健康に効果的だからと過剰に摂取することは控えたほうが良いでしょう。

バターコーヒーとして飲む場合は通常朝に1杯、多くても1日2杯までが良いとされています。

【注意点②】グラスフェッドバターはそのほとんどが輸入品

グラスフェッドバターは国内での生産はあまりなく、ほとんどが輸入品です。

普通のバターより健康に良いというのもありますが、輸入品になるので通常のバターより値段は少し高めです

また、普通のスーパーではあまり売っているところは少ないです。輸入品を多く扱うお店やネットで購入するのが一般的です。

身近なお店だと、成城石井、カルディ、イオン、業務スーパー等で購入することができます。

国内で流通しているグラスフェッドバターは【なかほら牧場】のグラスフェッドバターのみ。多くのメディアで紹介されており、注目を集めています。

引用 なかほら牧場 オンラインストア

グラスフェッドバターコーヒーの効果と作り方を紹介

グラスフェッドバターといえばバターコーヒーで有名になったバターです。

バターコーヒーは朝食に置き換えて飲むというダイエットが一般的ですよね。栄養価が高く、満腹感も持続するためです。

朝食をバターコーヒーに置き換えて、昼・夕食の糖質を抑えるとより効果的なダイエット効果を得られます。

またバターコーヒーはダイエットに効果的とされていますが、他にも集中力がアップしたり認知症の予防になったりと脳への効果も期待されています。

グラスフェッドバターによる健康効果に合わせ、カフェインによるメリットも多くあるグラスフェッドバターコーヒー

その効果と作り方をご紹介します。材料があれば簡単に作れます。ぜひ試してみてください。

グラスフェッドバターコーヒーの効果5つを紹介

バターコーヒーは通常、グラスフェッドバターとMCTオイル、ブラックコーヒーで作ります。

MCTオイルとは中鎖脂肪酸100%のオイルのことです。MCTオイルそのものにもダイエット効果や認知症予防などの効果が期待されています。

グラスフェッドバターの健康・ダイエット効果にプラスしてMCTオイルやカフェインにもダイエット効果や健康効果があります

以下に代表的なバターコーヒーの効果を5つご紹介します。

  1. 基礎代謝アップで太りにくい体へ
  2. クロロゲン酸で老化防止
  3. カフェインによる集中力アップ効果
  4. 血糖値の急上昇を防ぎ脂肪を溜め込まない体へ
  5. 朝食をバターコーヒーに置き換えることでカロリーダウンに

①基礎代謝アップで太りにくい体へ

基礎代謝とは生命活動に最低限必要なエネルギー代謝のことで、心臓を動かす、呼吸をするなど何もしていなくても無意識に行われています。

この基礎代謝が高いと消費するエネルギーの量が増えます。つまり何もしなくても消費できるカロリーが増え、太りにくい体になるということです。

カフェインには交感神経を刺激し活性化させ、基礎代謝をアップさせる効果が期待できます。ダイエットにはうってつけです。

②クロロゲン酸で老化防止

ご存知の方も多いですが、コーヒーにはポリフェノールが多く含まれています。その一種であるクロロゲン酸には多くの働きがあります。

クロロゲン酸の働きの一つに、抗酸化作用によるシミやシワ等の老化防止があります

グラスフェッドバターにも老化防止効果があるので、更なるアンチエイジングが可能になりますね。

またダイエット効果として、脂肪の溜め込みを防ぎ脂肪燃焼を促す働きもあるとされています。

③カフェインによる集中力アップ効果

コーヒーを飲むと頭が冴える。覚醒するということはご存知の方も多いでしょう。

カフェインには覚醒作用があり、交感神経を刺激して集中力がアップします

朝からバターコーヒーを飲むことにより、ダイエット効果はもちろん頭もスッキリとできるので嬉しい効果ですよね。

④血糖値の急上昇を防ぎ脂肪を溜め込まない体へ

ご飯やパン、麺類などの炭水化物(糖質)を摂ると血糖値が上昇し、その血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。

このインスリンには血糖値を下げる他にも糖質を脂肪に変え、体に溜め込む働きもあるのです。

血糖値が急上昇するとこのインスリンが過剰に分泌され、体に脂肪を溜め込みやすくなってしまうというわけです。

脂肪を溜め込みやすい体になってしまっても、バターコーヒーには糖質はほとんど含まれていません。

そのため血糖値が急上昇することはなく、緩やかに上昇しインスリンも過剰に分泌することはありません。

また、ご飯を食べると眠くなるといった血糖値の上昇による眠気も感じにくくなる効果もあります。

⑤朝食をバターコーヒーに置き換えることでカロリーダウンに

バターコーヒーダイエットは朝食に置き換える方法が一般的です。

バターコーヒー1杯が約200~240キロカロリーなのに対し、通常の朝食は約500~600キロカロリー。

グラスフェッドバターなら、約300キロカロリーほどのカロリーダウンができます。

ウォーキングを約75分前後した場合に300キロカロリー消費できるので、大幅なカロリーダウンですよね。

またグラスフェッドバターやMCTオイルには満腹感を持続させる効果もあるので、腹持ちが良いのも嬉しいですよね。

グラスフェッドバターコーヒーの作り方3STEPを紹介!

STEP
材料を準備する
  • ブラックコーヒー(ホット)
  • グラスフェッドバター(好みで約10g程度)
  • MCTオイル(好みで大さじ1程度)

まずは材料を準備します。コーヒーはお好みのものでOK。バターはグラスフェッドバターを使いましょう。

STEP
ブラックコーヒーにバターとMCTオイルを入れる

お好みのコーヒーを淹れたら、そこにMCTオイルとグラフェッドバターを入れます。

STEP
ブラックコーヒーとグラフェッドバター、MCTオイルをかくはんする

材料を全て入れたら、ブレンダーなどでしっかり攪拌します。

泡立つまでしっかりとかくはんしたら完成です。

スプーンなどで軽く混ぜると油とコーヒーが分離して、美味しくなくなってしまいます。

バターコーヒー粉末タイプのおすすめ3選を紹介!

もっと手軽にバターコーヒーを取り入れたい!

ブレンダーやバター、オイル、コーヒー等準備するのは面倒…

と思う方には粉末タイプのバターコーヒーがおすすめ。お湯を注ぐだけでできるので忙しい朝にもぴったりです。

面倒な準備も手間もなく簡単に美味しいバターコーヒーが作れるので、今までダイエットが続かなかったという人でも続けやすいですよね。

商品名おすすめの人
【仙台勝山館】MCTコーヒークリーマー本格的なバターコーヒーを飲みたい方
【ミウラタクヤ商店】チャコールバターコーヒーより手軽にバターコーヒーを飲みたい方
【ミウラタクヤ商店】デカフェ チャコールバターコーヒーカフェインレスのバターコーヒーを飲みたい方

①【仙台勝山館】MCTコーヒークリーマー

引用 Amazon

この仙台勝山館のMCTコーヒークリーマーは、好みのコーヒーにスプーン1杯入れるだけで本格的なバターコーヒーができます。

多くの雑誌にも掲載され、数々のネットショップでも1位を取った実績があることからその人気さがわかります。

MCTオイル専門店だからこそできるこだわりが多く、糖質はゼロ!ダイエッターから注目されている商品です。

手軽に本格的なバターコーヒーを飲みたい方は、仙台勝山館のMCTコーヒークリーマーがおすすめです。

②【ミウラタクヤ商店】チャコールバターコーヒー

引用 Amazon

チャコールバターコーヒーはスティックタイプになっており、計量の必要なし!

スティックの粉末をカップに入れてお湯を注ぐだけ。30秒でできると手軽さが人気のバターコーヒーです。

水にも溶ける特別製法で作られているので、暑い夏でもアイスで飲めるのが嬉しいポイント。

スティックタイプの個包装となっているので持ち運びにも便利。旅行先でも使えるので続けやすいですよね。

バターコーヒーダイエットに成功したミウラタクヤさんが開発したチャコールバターコーヒー。

味にもこだわっており、美味しく続けやすいと注目を集めています。

より手軽にバターコーヒーを飲みたい方にはミウラタクヤ商店のチャコールバターコーヒーがおすすめです。

③【ミウラタクヤ商店】デカフェ チャコールバターコーヒー

引用 Amazon

チャコールバターコーヒーのデカフェも販売されています。カフェインレスなので、カフェイン断ちしている人や妊婦さん、産後のママも飲めます。

チャコールバターコーヒー同様スティックタイプの粉末なので、計量も準備も必要なし!お湯を注ぐだけで手軽にバターコーヒーを作れます。

カフェインレスのバターコーヒーはミウラタクヤ商店のデカフェチャコールバターコーヒーがおすすめです。

まとめ

  • グラスフェッドバターの健康効果は生活習慣病予防、ダイエット・肥満防止効果、老化防止効果がある
  • グラスフェッドバターは食べすぎるとコレステロールが上がり、また、ほとんどが輸入品
  • バターコーヒーには、健康効果に加え基礎代謝アップ、老化防止、集中力アップ、血糖値の急上昇の抑制、カロリーダウンの効果がある
  • グラスフェッドバターコーヒーの作り方は、ブラックコーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを入れ泡が立つまでかくはんするだけ
  • 手軽に作れる粉末タイプも!本格的な味わいはMCTコーヒークリーマー、手軽さ重視の人はチャコールバターコーヒーがおすすめ
  • カフェインを断っている方はデカフェのチャコールバターコーヒーがおすすめ

グラスフェッドバターには多くの栄養素が含まれており、健康・ダイエットに効果的です。

あっさりとした上品でクセのない味は普段の食事やお菓子にも取り入れやすいので、美味しく健康的になれます。

美味しくないとなかなかダイエットも生活習慣病予防も続かないですよね。

栄養価が高く健康にもダイエットにも効果的なグラスフェッドバター。ぜひ試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ