当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

MCTオイルコーヒーで痩せたい人は飲み方に注意!健康効果や作り方紹介

あなたはMCTオイルを知っていますか?

健康にいいと聞くけど実際どんなものなの?

MCTオイルはコーヒーに入れることで脂肪燃焼効果が高まるため、痩せたい方にはおすすめ!

持ち運びできる分包タイプの他、種類も豊富です。

痩せたいけど、MCTオイルコーヒーは飲むだけで効果が出るの?

痩せたいと思うなら、MCTオイルコーヒーをただ飲むだけでは効果を期待できないので、量やタイミングを意識して飲むことが大切です。

MCTオイルはダイエットの他にも、脳の活性化や美容効果など様々な効果も期待できます。

そんなMCTオイルを使ったコーヒーの飲み方や注意点、オイルの種類や摂取量など、MCTオイルについて詳しくご紹介!

あなたもMCTオイルを習慣にして健康体を目指しましょう。

日清オイリオMCTオイルなら、持ち運び便利で1滴ずつ加えられるのでお勧めです♪

¥1,300 (2023/05/27 00:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
もくじ

MCTオイルコーヒーで痩せたい!摂取タイミングや注意点

MCTオイルは摂取してすぐにエネルギーに変わるため、体内に脂肪として溜まりにくく、ダイエットにもおすすめのオイルです。

痩せたい方はMCTオイルをコーヒーに入れて飲むのがおすすめ

MCTオイルコーヒーで痩せたいなら、ただ摂取するだけではなく取り方やタイミングが重要です。

MCTオイルを摂取するおすすめのタイミング
  • 朝食前
  • 運動する前
  • お腹がすいた時

上記のタイミングを意識して、MCTオイルを摂取するのが効果的です。

MCTオイルを摂取する際の注意点もありますので、こちらも意識しましょう。

MCTオイルを摂取する際の注意点
  • 飲み過ぎに注意する
  • 糖質を控えながら飲む
  • 1日の摂取量は30gを目安にする
  • MCTオイルを直接飲まない

そもそも、MCTオイルってどんなものなの?

MCTオイルは中和脂肪酸という、ココナッツに含まれる天然成分だけを取り出した油です。

MCTとは、Medium Chain Triglycerides(ミディアムチェーントリグリセリド)の略で、中和脂肪酸のこと。

MCTオイルは他の食用油とは違って水に溶けやすい性質のため、摂取してすぐにエネルギー変わるのが特徴です。

ダイエットのために継続したいから、持ち運びできると便利なんだけど…

MCTオイルは瓶に入っているイメージが強いですが、形状別に5種類あり持ち運びに便利なタイプもあります。

ここでは、MCTオイルの特徴や飲むタイミングと注意点、種類について解説していきます。

毎日の食事にMCTオイルを取り入れて、効率よくダイエットにつなげてみましょう。

MCTオイルとコーヒーは相性抜群!成分がダイエットに効果的

MCTオイルの大きな特徴は、摂取してすぐエネルギーに変わること。

MCTオイルは素早く消化吸収や脂肪分解されるので、体脂肪が溜まりにくいのも、ダイエットにおすすめの理由です。

コーヒーに含まれるカフェインにはリパーゼという成分が含まれていて、脂肪燃焼を促す作用があります。

MCTオイルの特徴とカフェインの作用を組み合わせることで、ダイエットに効果的な働きをしてくれるのです。

MCTオイルコーヒーを習慣にすれば、ダイエットできそうね

ダイエットは継続することが大事ですが、なかなかしっかり継続できずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

コーヒーならMCTオイルを入れて毎朝飲むだけで、定期的に摂取できるというメリットもあります。

コーヒー好きの方は特に、続けやすいダイエット方法ですよ。

私も一日3杯飲むほどコーヒー好きなので、続けられそうです!

MCTオイルコーヒーで、健康的な理想の体作りをしていきましょう。

MCTオイルコーヒーは摂取タイミングが重要!飲むだけはNG

MCTオイルコーヒーで痩せたいなら、ただ摂取するだけはなく、タイミングと摂取するときの注意点を意識しましょう。

ダイエット目的でMCTオイルを摂取する場合は、次のタイミングが効果的。

朝食の前

朝、昼、夜に分けて飲むのも効果的ですが、まずは朝食前に忘れずに飲むことを意識しましょう。

朝に飲むことで、日中の活動時間で脂肪がエネルギーに変わりやすくなります。

運動する前

MCTオイルはすぐに脂肪をエネルギーに変えてくれるので、脂肪を燃焼させる前に飲むと効果的です。

お腹がすいた時

MCTオイルには、満腹感を与える効果もあります。

お腹がすいたときにMCTオイルコーヒーを飲むことで食べ過ぎを防ぐことができます。

MCTオイルコーヒーは、あくまでダイエットの補助として取り入れるものです。

MCTオイルコーヒーは単純に飲めばいいというものではないので、飲むタイミングを意識するようにしましょう。

MCTオイルコーヒーを飲むときの注意点と甘味を加える方法!

MCTオイルコーヒーはダイエットに効果的ですが、だからといって摂り過ぎには注意が必要です。

MCTオイルコーヒーを飲むときの注意点
飲みすぎに気をつける

MCTオイルコーヒーを飲みすぎるとお腹が緩くなってしまうので、最低でも1日3回までにしましょう。

糖質を控えながら飲む

せっかく体脂肪を減らそうとしているのに、糖質を取ってしまうと矛盾してしまいます。

体脂肪の増加を抑えるためにも、糖質は控えるようにしましょう。

1日の摂取量は30gを目安にする

お腹を壊しやすくて不安がある方は、まずは5g(ペットボトルキャップ1杯分)を目安にしましょう。

MCTオイルを直接飲まない

MCTオイルを直接飲むと胃が荒れてしまうので、摂取するときは必ずコーヒーや食事に混ぜて摂取しましょう。

糖質を控えると言っても、ブラックコーヒーって苦手なのよね

MCTオイルコーヒーで糖質を控えるためにはブラックコーヒーで飲むのがおすすめですが、ブラックコーヒーが苦手な方もいますよね。

私もブラックコーヒーは苦すぎて飲めません

コーヒーに砂糖やミルクを入れて飲んでいる方は、次のように飲むのがおすすめです。

ココナッツタイプのMCTオイルを使う

ココナッツタイプのMCTオイルは甘味があるので、ブラックが苦手な方も飲みやすくなります。

はちみつを入れる

はちみつは砂糖よりもカロリーが控えめで、風邪予防としても効果的です。

MCTオイルコーヒーは、飲みすぎや糖質を控えるなどの注意点を意識すれば、甘味をプラスして美味しく飲むことができます。

MCTオイルは冷えても固まらないので、夏はアイスコーヒーで飲むのもおすすめ。

注意点を意識しながら、飲みやすいMCTオイルコーヒーを作りましょう。

MCTオイル4種類の特徴を紹介!持ち運びに便利なタイプも

MCTオイルはダイエットに効果的で、コーヒーに入れることで気軽に摂取できます。

ダイエットとして継続するなら、外出先でも飲めるようにしておきたいですよね。

MCTオイルって持ち運びはできるの?

MCTオイルは瓶で売っているイメージがあるかと思いますが、実は色んなタイプの種類があります。

オイルだから品質管理も気になるな

家で使うにしても外で使うにしても、MCTオイルは食用油とは違うオイルなので、保存方法も気になるところです。

以下はMCTオイルの種類や特徴、保存方法、注意点をまとめたものです。

スクロールできます
MCTオイルの種類特徴保存方法注意点
液体(瓶)タイプ一般的にスーパーで売られている
食卓で使うときに便利
常温、暗所で保存ポリスチレン、プラスチック製の容器での保存は避ける
食事ではなるべく陶器やガラス、金属性の食器を使う
買ったときのままの容器を使う
液体(分包)タイプ小分けになっていて携帯に便利
定量が入っているので計測不要
使い切りなので毎回新鮮
常温、暗所で保存瓶タイプより賞味期限が短いものもある
パウダータイプオイルと違って油浮きしない
スムージーにも混ぜやすい
卵料理やひき肉に混ぜるとコクが出る
高温多湿を避け、冷暗所で保存吸湿性はあるが、冷蔵庫で保管する必要はない
開封後は1~2ヵ月を目安に使い切る
ゼリータイプサプリメント感覚で食べやすい
持ち運びに便利
ヨーグルトやコーヒー、バナナなどのフレーバーつき
冷やすとおいしい
高温多湿を避けて保存他のタイプより種類が少なく、入手しにくい可能性がある
開封後はすぐに食べきる

こうしてみると色々種類があるのね

MCTオイルの液体(分包)タイプやゼリータイプは持ち運びに便利なので、外で使うときにおすすめです。

1日3回摂取したい方で、日中は仕事があるときなどは便利なタイプですね。

私は瓶タイプのMCTオイルを使ったことがありますが、夜はサラダやみそ汁に入れて摂取していました。

MCTオイルの油浮きが気になる方には、油浮きしないパウダータイプが使いやすいですよ。

自分に合ったMCTオイルを使って、毎日の習慣にしてみてください。

MCTオイルコーヒー摂取量は1日30gまで!朝や昼に飲もう

ダイエットや健康のために、自作のMCTオイルコーヒーやバターコーヒーを定期的に飲んで結果が出れば、達成感がありますね。

MCTオイルコーヒーで健康効果を出すためには、一日に飲む量に制限があります。

MCTオイルの一日の摂取量は約30gです。

MCTオイルの摂取量が多いと下痢や胃もたれの原因になりますので、コーヒーに入れる場合は3~4杯に分けて、少しずつ摂取しましょう。

日清MCTオイルなら中鎖脂肪酸100%で作られていて、ワンプッシュで1~2g出せる量りやすいものもあります。

また、内容量も様々なタイプがありますので、少量のタイプだと持ち運びにも便利!

¥1,300 (2023/05/27 00:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

MCTオイルコーヒーを飲むのは朝~昼の間など、活発に動く時間帯がベスト

MCTオイルコーヒーを夜に摂取すると、コーヒーに含まれるカフェインの作用で睡眠不足になる可能性も!

運動をする場合は夜の摂取もベストですが、特に何もしない場合は夜のMCTオイルコーヒーは避けましょう。

MCTオイルコーヒーの効果3つをご紹介!健康や美容対策に

MCTオイルコーヒーがダイエットに効果的など、健康的な効果があると習慣にしたくなりますね。

食事で気軽に摂取できるから嬉しいわ

MCTオイルの健康的な効果はダイエットだけではなく、脳の活性化や筋力向上、美容効果など様々です。

ダイエット以外のMCTオイルの主な健康効果は、以下のような3つがあります。

MCTオイルがますます健康にいいと分かれば、すぐにでも日常に取り入れたくなりますね。

MCTオイルの3つの健康効果について、それぞれ解説していきます。

【脳を活性化させる】ケトン体を生成して脳のエネルギーに

アルツハイマー型認知症では、脳がブドウ糖を上手く利用できない状態になっています。

ブドウ糖が上手く使えなくなると、物忘れにつながるのね…

ブドウ糖の代わりとして、注目されている物質がケトン体です。

ケトン体はブドウ糖の代わりとなる唯一の物質で、脳の第2のエネルギー源と言われています。

MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸には、脳のエネルギー源となるケトン体の生成を促す働きがあります。

MCTオイルを摂取するだけで、脳に効果的なんです

脳の老化防止も兼ねて、MCTオイルを摂取する習慣をつけることも、健康への第一歩です。

【運動時の持久力がアップする】疲れにくい体を作ろう!

ケトン体の生成を促進させつつ脂質の代謝を上げることで、筋肉の持久力アップにつながります。

アスリートはこの方法で運動する人も多いわね

ケトン体のエネルギー効率は、ブドウ糖の1.25倍!

アスリートにとってはブドウ糖のエネルギーよりも、体内の脂肪をエネルギーに変えるケトン体の方が持久力が高まりやすいのです。

セミケトン食という、MCTオイルを使った食事法も有名です。

MCTオイルはコーヒーだけでなく、サラダにかけたりみそ汁に入れたりして、毎日の食事からも摂取できます。

MCTオイルは、本格的に運動をする方には特におすすめですよ。

【肌トラブルを防ぐ】アトピーの改善も期待できる!

ケトン体には、次のような美容効果も認められています。

  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 抗糖化作用

MCTオイルを摂取してケトン体の生成を促進することで、アトピーなどの肌トラブルにも効果が期待できます。

さらに効果を出しやすくするために、次のことにも気をつけてみましょう。

  • 糖質を制限する
  • ビタミンB群を積極的に摂取する

MCTオイルを定期的に摂取していくと、だいたい1ヶ月~数ヶ月で効果が期待できます。

糖質制限とビタミンB群の摂取を意識すれば、もう少し早めに効果が期待できる可能性もあります。

MCTオイルコーヒーで摂取すれば、ダイエット効果+美容効果で一石二鳥!

美意識が高い方には、MCTオイルコーヒーはおすすめの美容対策です。

MCTオイルコーヒー作り方紹介!バター入りレシピ動画も

MCTオイルはコーヒーに混ぜてダイエットの効率をよくするほか、脳の活性化や美容対策など様々な効果があります。

単純にコーヒーにMCTオイルを入れるだけでも効果的ですが、バターを入れてバターコーヒーにするのもおすすめ!

バターコーヒーは、MCTオイルコーヒーにバターを入れて撹拌(かくはん)させたもの。

アメリカで流行った飲み物で、日本ではバターコーヒーや完全無欠コーヒーと呼ばれています。

MCTオイルコーヒーとバターコーヒーの違いは、バターが入っているかいないかです。
お好きな方で作ってみましょう。

健康を意識して、MCTオイルコーヒーを飲んでみようかな

すごく健康的な飲み物だけど、作り方は難しいかな?

MCTオイルコーヒーやバターコーヒーは健康効果が高くて特殊なイメージがあるかもしれませんが、作り方は簡単です。

MCTオイルコーヒー、バターコーヒーの作り方

スクロールできます
材料作り方
MCTオイルコーヒーMCTオイル(大さじ1前後)
お好みのコーヒー
1.コーヒーを淹れる
2.MCTオイルを入れる
3.クリーマーやホイッパーで混ぜる
バターコーヒーグラフェッドバターor無塩バター
(お好みで15~30g)
MCTオイル(お好みで15~30ml)
良質コーヒー
1.コーヒーを淹れる
2.バターとオイルを入れる
3.ブレンダーやミキサーで撹拌する

MCTオイルコーヒーもバターコーヒーも作り方は似ていて簡単なので、初めての方でも気軽に挑戦できますよ。

私も以前使ったことのあるMCTオイルで、MCTオイルコーヒーを作ってみました。

ブラックコーヒーが苦手なので、ココナッツタイプを探したのですが、近所のスーパーには一般的なMCTオイルしかありませんでした。

日清のMCTオイルは少量で1滴ずつ出せて、液だれもしにくく使いやすいです。

MCTオイルをコーヒーに入れるのは初めてなので、お腹を壊さないようにと考えてとりあえず2滴入れてみました。

コーヒーをマドラーで混ぜましたが、オイル入りなのでどうしても油が浮きます。

気になる方はパウダータイプのMCTオイルを使いましょう。

MCTオイルコーヒーは飲んでみるとまろやかさがあり、ブラックなのにそんなに苦味を感じませんでした。

油のぬめっとした感じもなく飲みやすい!

バターコーヒーの作り方は、分かりやすい動画をご紹介

引用 YouTube

作り方のほかにも、材料の解説があって分かりやすい動画です。

お好きな方を作ってみて、好みのコーヒーを見つけてみましょう。

まとめ

  • MCTオイルをコーヒーに入れることで、中和脂肪酸とカフェインの作用により、ダイエット効果が期待できます。
  • MCTオイルコーヒーは摂取する量やタイミングを意識して、効率よく摂取しましょう。
  • MCTオイルはダイエットの他、脳の活性化や運動時の持久力アップ、美容効果など様々な効果があります。
  • MCTオイルコーヒーの作り方はコーヒーにMCTオイルを入れるだけで、バターを加えるとバターコーヒーになります。
  • MCTオイルコーヒーは1日3~4杯に分けて朝~昼に摂取し、夜はなるべく避けましょう。

コーヒーにMCTオイルを入れるだけでダイエット効果が期待できるなら、コーヒーが習慣になりそうですね。

MCTオイルもコーヒーも、過剰摂取は体に悪いですが、量やタイミングを意識して飲むと健康的です。

MCTオイルを習慣にして、健康な体を作っていきましょう。

日清オイリオMCTオイルなら、持ち運び便利で1滴ずつ加えられるのでお勧めです♪

¥1,300 (2023/05/27 00:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ